秋の臨時国会(第192回国会)に臨んでいます。11月30日までの66日間、我が国の将来を方向づける重要な意味を持っていますので、真剣に取り組んでおります。
参議院選挙における約束を実現して活力のある時代を拓くための、大型補正予算の編成や、地方創生の推進、新産業の創出など積極的な成長戦略を推進します。
人口減少時代の子育て・介護の環境整備や「働き方改革」による1億総活躍社会づくり、地域の雇用を担う中小企業の金融支援・生産性向上のための補助、農業の競争力強化、AI・IoTの活用による社会制度改革、国土強靭化などについて、財政規律を考慮しながら実効性のある未来への投資を実行します。

 

自由民主党 茨城県第一選挙区支部 衆議院議員  

田所よしのりOfficialBlog

日本再生!地方創生!

給与や物価が下がり続けるデフレ現象は、人々の消費や投資意欲を減退させ閉塞的な社会を招くことから、なんとしてこれを克服しなければなりません。地方の中小事業にまで及ぶ積極的な成長戦略を推進して、企業収益を伸ばすとともに勤労者の所得の向上を図り、それが更に経済の活性化にもつながる好循環を実現します。

長期の低迷した時代から、自民党が政権を回復して大都市や大企業は活力を取り戻し、やっと明るい兆しが見えてきましが、地方は円安にともなう物価の上昇や急激な人口減少により依然として厳しい環境にあります。地方創生元年として新たな地方の未来を描き、円安による物価高騰への対応や、著しい高齢化と人口減少を克服する、積極的な「まち・ひと・しごと」の創生を実現して、真に豊かさの実感できる社会づくりを推進します。

facebookはこちらから



皆様のフォロー、シェアをお願いします!

 


Tadokoro Yoshinori

経歴:
田所嘉徳 1954.1.19生
○衆議院議員
(茨城県第一選挙区)
○法務博士(専門職)
○行政書士  
○一級建築士